短時間睡眠だとブツブツが発生しやすくなる

1月 13, 2020 日記

短時間睡眠だとブツブツが発生しやすくなる

私が美容面において気を遣っている事は、いい「睡眠」。

そもそも幼少時から午後八時には眠っていたので、いま現在も8時間寝ていないと倦怠感があります。

寝不足になると速攻でお肌に現れてしまいます。

特にすごいのは目の下のくま。

短時間睡眠だと目元が真っ黒になってしまいます。

あと、短時間睡眠だとブツブツが発生しやすくなります。

だから、出来るかぎり早めに床につくという以外に、毎晩可能な限りお風呂につかってゆっくりするようにしてます。

やはりお湯につからなかった日と、お風呂にじっくりとはいった日では眠りの質が異なるように思います。

おフロのお湯も、以前は、41~2度のあつーい湯船に浸かって沢山発汗させるのが習慣だったんですが、ぐっすりと眠るためには温度が低めの湯船にゆっくりとつかるのがいい、と知ってからは、息子たちの話を聞いたりしながら「ぬるめ」のおフロにはいっています。

四十度以下ですと子供も結構入っていられるので、親子のコミュニケーションとしてもいいかなと思っています。

美容的な意味合いで、お菓子の代わりにナッツを食べています。

座り仕事なのでつい途切れることなくスナック菓子をつまんでしまい、後悔することも多かった私・・・。

木の実だったら、自然と咀嚼回数が増えるので、あまり多く食べなくても満足感があり、またビタミン類や食物繊維、ミネラルも豊かなんです。

大量に摂取するとニキビが出来る時もありますが、適切な摂取量ならば、普段とりづらい栄養価を簡単にとる事が出来ます。

糖質も少ないので、ダイエット食としてもいいですし。

アーモンドとヘーゼルナッツ、くるみを合わせて、日に25~30グラムと決めていますが、時にはペカンナッツやタイガーナッツなどもミックスしたり、どうしても甘みを欲しているときには、ナッツのキャラメルがけやチョコレートがけを少しだけ食べるようにしています。

甘みがビターチョコだったら、カカオポリフェノールとかもとりやすいので、更に美容に良いようです。

ナッツ類は選ぶ楽しみもあり、それぞれを味わいながらつまんでいるとおやつタイムが充実するし、飽きずに続けられるのでおすすめです。

私は美容のために夜の食事はいつもご飯などの炭水化物は食べないです。

パスタやうどんなどの麺類、パンなども夜は控えています。

炭水化物を沢山食べると腹周りにお肉がついてしまい、体重も減りません。

夜は夕食を食べた後は動くようなことは少なく寝るだけなので炭水化物は食べません。

代替えとしてフルーツや肉類などのたんぱく質を多めに食べるようにしています。

炭水化物を除いては家族と一緒のメニューが食べられるので嬉しいですよね。

この方法だったら、仕事帰りに外食をするようなことがあっても続けられるのです。

レストランや飲み屋さんのメニューには炭水化物を含んでいないものもたくさんあります。

お魚料理は言うまでのありませんが、焼肉屋さんなどでもお肉は勿論ですがお野菜も摂ることができます。

サラダなどもあります。

お豆腐の入っているサラダならたんぱく質も一緒に摂れて腹も膨れるので毎回注文します。

これだけのことなのですが、子どもを産んでも産む前と変わらない体形でいられています。

特に用意するものもないですし、家族の食事と極端に違うメニューを食べるわけでもないので簡単に始められて、長く続けれると思います。

seiya

投稿者:seiya