基礎代謝量を計算して知っておくことが実は重要な準備のひとつ

4月 19, 2021 日記

健康のため歩くことによって痩せることの注意点は、必ず続けて40分以上歩く事です。

有酸素運動である歩く事で、燃え始める脂肪は、約30分たってから始まります。

10分や20分くらいのウォーキングでは、脂肪を燃やすことはできず、ダイエットのできばえかかなり薄くなってしまうので、注意するようにしましょう。

ダイエットを行うときの心構えとして、まず基礎代謝量を計算して知っておくことが実は重要な準備のひとつです。

基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギーのことなので、つまり、その数値が大きいほど、あまり太らない体質といわれているのです。

便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、使ってみて数値を確認してみるといいと思えるのです。

炭水化物を減らすやり方で減量を試みたことがあります。

たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、きつかったです。

邦人なので、時には、ガツンと白いごはんを恋しく思います。

だから、現在は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。

ダイエットして健康的に体重を落としたい場合には、有酸素運動を続けるのが有効です。

これは泳ぐ、歩く、軽く走るといった運動のことです。

栄養面で考慮するのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を補給することです。

脂肪を燃焼させて減らすためにはタンパク質がなくてはならないのです。

ダイエットを長い間していると、カロリーを数えなくても、おおよその摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。

主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に計算できるのです。

私も太っていた時代があるので、どうしようもないのですが、少しおセンチな気分になります。

一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと落ちていきます。

これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が安定しだしたことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

30代以降になると太りやすい身体になっていくのはこういう理由があったのです。

歳と共にだんだんと身体がダルダルになってきてしまいました。

痩せるためには運動と食事のコントロールが一番だとは思いつつなかなか時間が確保できずに実行に持っていけませんでしたがつい最近、久しぶりに体重計で計ってみて驚いたんです。

手始めに無理なく運動をするために、毎日の移動手段を歩きにすることから始めてみました。

これで少しでも細くなると嬉しいです。

どうしても避けられないのがダイエットしても体重が減らなくなってしまう期間です。

こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが重要です。

もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食事を気に掛けないのなら、運動だけでも継続しましょう。

私の場合、子供を産んだ後、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと一緒に生まれて初めて筋肉を鍛えました。

100%母乳で子供を育てていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。

おかげで、半年ぐらいである程度元の体型に戻す願いがかないました。

ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝量をつけていく事が重要です。

中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレがなくてはならないのでしょうか?

ジョギングやヨガが効果が認められますが、あまり熱心にやりすぎると、逆に筋肉がつきにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の以後に筋トレを実施し、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効き目が表れやすいようです。

投稿者: seiya