日々の暮らしで習慣的に行っていることが食事をとる事

11月 23, 2019 日記

日々の暮らしで習慣的に行っていることが食事をとる事

女性に言えることだと思いますが、年をとってもきれいで若々しい肌でいたいと願う人たちが大多数ではないかと思います。

女性の一生の課題とも言う美に関して、多種多様な方法があると思います。

一人一人肌質やお肌のトラブルも異なるため、一層潤いのある肌で毎日の生活を送るために習慣として実行していることもあると思います。

一生のテーマでもある美しさについてですが、ふだんから「美」に向けて配慮することにはどんなことがあるのでしょうか。

まずは、日々の暮らしで習慣的に行っていることが食事をとる事です。

わたし達は、飲食しているもので作られています。

体内に入れる物が身体を形作っているため、影響力があるということが分かると思います。

肌は嘘がつけないので、脂気の強い料理を食べてばかりいるとオイリー肌へと変わっていきます。

このことからも栄養バランスのよい食事をとることを意識していると、知らず知らず「美」へと結びついていきます。

次に、睡眠をとることです。

寝ることは、その日の疲労を癒すと同時に、肌を元通りにしてくれる働きがあります。

ただ単に睡眠の時間を多くするだけではなく、質の良い睡眠を取るように気をつけるとこれも『美』へと導かれていきます。

美容のために必要なことは、大変な事を行う事では無く生活スタイルや簡単な心配りなのです。

私が心がけているのは、しっかりと寝る事とイライラしない様にすること。

睡眠って、元気な肌と健康的なからだを作るために欠かせないのです。

主に、PM10時~AM2時の時間の肌の為の時間に良質な睡眠をとることが美肌のためになります。

睡眠は、疲れを癒すだけではなくお肌のターンオーバーを促し、美肌を作るためにも果たす役割が大きいものです。

質の良い眠りをとるために、アロマを首などにつけると呼吸が落ち着き気持ちが安らぎます。

加湿にも注意して、お肌を乾燥させないように注意しています。

それと、ストレスをためるのも美容には良くありません。

イライラが募ると表情に表れ、周りの雰囲気を悪くします。

からだも緊張状態になり肩こりや首コリをしたり、知らず知らず顔に出るのでしわを作る原因になります。

ストレスを貯めないようにして肩の力を抜いて笑顔でいられるようにすることが美容のために肝心な事だと思っています。

一所懸命体を温めようと思っていたら部屋中にいろんなものが・・・。

湯たんぽから始まって、保温性の高い水筒に保温力の高いマグカップ。

この保温マグカップには蓋が付いていて口を当てる部分がワンタッチで開く仕組みの物です。

ですのでなかなか冷めないので長時間温かい飲み物が飲めます。

それからお尻の部分が温まるクッション。

保温性の高いインナーやソックス。

数えだしたら終わりません。

からだが冷えた場合美容に悪影響というよりも命の方に関係してくるのではないかと恐ろしくなるのです。

暑さには強いのですが寒いのは駄目なので動き辛かったり背筋が伸びないこともあります。

寒いと背中を丸めてしまいがちになりませんか?そんな時私は両手を口に当てながら前屈みの姿勢になってしまいます。

その体勢が胸を抑圧させてしまってからだには良くありません。

からだに良くない事っておそらく美容にも関係してきます。

できるだけ体を温めて胸を圧迫しないようにしています。

seiya

投稿者:seiya